悪質芸能事務所を避ける3つの基準

スポンサーリンク







今の私はちょっと怒ってるんだぜ。

詳細は省くけど、仕事を辞めて心機一転好きなことを始めようとした人を嵌めようとしたやつがいるんだぜ。

簡単に書いていくぜ。

コンテンツがしょぼい

ホームページで事前に確認!

所属者がブス・ブサイクばかりだったり、ジジババが多かったり。

自主制作作品で大根演技炸裂。

「○○出演!」がほぼほぼ自主制作作品。(←これな、マジで)

“協力者”の人が素人。

 

ホムペを隅々まで見て、

「なんかしょぼい…」

「なんか胡散臭い…」

「なんか頭悪そう…」

とか思ったら、その事務所との出会いはなかったことにして忘れましょう。

接触してはいけません。

 

会社を起こしてまで芸能やってる人が何年も自主制作作品ばかりなんて、「何やってんの?w」ですよ。

そう思いませんか?

 

スポンサーリンク



 

無料レッスン、人を大切にする、とかで釣ろうとしてる

ホームページで事前に確認!

まず、人を大切にするなんて当たり前のことをわざわざ書いてる時点で

「あー、この人意識しないとこういうことできないんだ」

とわかりますね。

 

あと無料レッスンなんて、レッスンと呼べるほどのものじゃありません。

『自称元芸能人』が、テキトーな課題を言って所属者に演らせて、

鼻で笑いながら一言二言コメントする程度でも、

向こうが「レッスンです」と言えばレッスンです。

有料なら訴えられる可能性もあるけど、無料だしね。

 

 

契約を急かしてくる

「今決めて」、「成功する人はすぐ決められる人」、とか煽ってくる。

しかも断っても、

「でもね、○○さん、あなたいいもの持ってますよ、やらないと勿体無いですよ」

とか言って解放してくれないとか(笑)

詐欺の手口満載です。

ていうか、詐欺になりきれないアホです。

 

でも向こうもどこからが詐欺として返金請求されるかとか(上から教えてもらって?)分かってるので、法的には詐欺にあたらないように気を付けてます。

だから後から訴えるのは難しいです。

訴えるだけならできますけどたくさんのお金と時間が必要です。

契約してしまったら最後です。

N●Kくらいタチ悪いと思ってください。

 

もし契約してしまったら、返金してもらえない状況にあれば潔く諦めてください。

元を取ろうとか、なんとしても返金させるとか思って付き合い続けても何にもなりません

縁を切るしかありません。

 

スポンサーリンク



 

悪徳芸能事務所の目的とは

相手は所属者をきちんと育てたり売り込んだりする気などないです。

じゃあ何がしたいのか?

一番は、お金を儲けることです。

あとは、『自称元芸能人』が芸能界に未練があり、事務所を大きくしてプロデューサーとして活躍して、権力を得るとかそんな感じです。

 

所属者は都合よく利用されるだけの駒=カモです。

事務所設立時のカモは一番大変です。

起業時の借金を返すために、向こうはたくさんふっかけてきますから。

 

 

あなたは芸能事務所に入って何がしたいの?

どうなりたいの?

本当に事務所に入らないといけないの?

 

 

事務所には入るもの?

…いいえ、ネットの普及した今の時代、必ずしもそうではありません。

もちろん権力を持っている事務所に入れば、ブレイク出来る可能性は上がるでしょうが、よっぽどの才能か、よっぽどのお金が必要でしょう。

個人でも世間にアピールできます。

まずは個人で、少ない資金で、少しずつ始めた方がいいです。

 

 

ご忠告

一発逆転は狙えない。

狙ってできるものじゃないです。

こんなの二次元の中でしか起こりません。

「あー、仕事たりー、芸能人にでもなってちょろ~く金稼ぎて―」

「別に有名にならなくても、エキストラとかさー、仕事もらえるだろー」

「オレ、けっこうイケてると思うしー♪」

無理無理無理無理!

 

堅実にやっていきましょう。

誠実に生きていれば、その輝きでスカウトされるかもしれないにょん。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です