自分を大切にすることは、他者に依存しないことに近いと思う

スポンサーリンク







にな@ninamedi_)です。

読んでいただきありがとうございます(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

 

自分を大切にする、とは……?

 

私もずっと考えている。

 

なんとなく思ったのは

 

『自分の欠けているところを即座に埋めるための行動をしない』

『自分の幸せを他者に委ねる生き方をしない』

 

ってことかな、と。

物や人に依存せず生きること。

 

スポンサーリンク



 

他人に依存してしまう理由

 

“私は仕事ができないから”と残業したり、仕事を持ち帰ったりする(←ほんとはダメなんだけど)

“恋人に会いたい会いたい会いたい”と衝動を抑えられなくて、いきなり連絡して会ってもらう

“会いたくないあの人も来るのか…”と分かっているのに飲み会に行く

“お母さんは可哀相な人だから”と、会えば罵倒されるのが習慣なのに会いに行く

 

これらをすぐ断ち切るのは難しいですね。

ついついやってしまう。

 

厳しいことを言うと

 

その人(たち)と付き合うことでメリットがあるから付き合うわけですね。

 

「そんなのないよ!」「嫌なことばっかりだよ!」

 

……いえ、あるんです。

 

 

嫌なことをするメリット

 

嫌な職場だけど、私なんかを採用してくれるところ他にないだろうから

もはや恋愛中毒で、恋の刺激がないと落ち着かないから

学生時代からのグループを抜けたら、学生時代の思い出が目減りしてしまいそうだから

お母さんが亡くなったときに、遺産を1円も貰えなかったら損だから

 

自分を大切にしたら、きっと、恐れていることは現実になる。

 

 

恐れていること

無職になる、彼を思って仕事が手につかなくなる、学生時代の友人が減る、お母さんが助けてくれなくなる…

でも、このままで欲しい現実は手に入れられない。

 

このままではいられない。

このままで幸せにはなれない。

 

だから手放す。

 

 

幸せを選べることに気付こう

 

不幸を掴んだ手では幸せを掴めないと云われるもの。

不幸をずっと掴んで、煤けた手を洗おう。

お風呂にゆっくり浸かって、自分の体を見て。

 

人には寿命がある

 

親からもらった、大切な大切な肉体の使用期限はあと何十年ですか?

スムーズに動いてくれるのはあとどれくらいかな?

自分の思う通りに生きましょうよ。

ワガママに生きても、自分を殺しながら生きても、同じ人生80年。

もっと自分に手をかけて。嫌なことは、嫌って言おう。

 

最後にもう一度

『自分の欠けているところを即座に埋めるための行動をしない』

『自分の幸せを他者に委ねる生き方をしない』

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です