水瓶座のノリに乗って願いを叶えることの考察(ざっくり)

スポンサーリンク







 

2018年2月16日、水瓶座新月(+部分日食)となります。

この記事は素人・にな による超絶ざっくり「水瓶座」考察です。

内容の保証はいたしかねますm(_ _)m

お茶請け程度にお読みください。

 

「水瓶座」についてカンタンに

水瓶座は、絶世の美少年が水瓶を持っている姿です。

その少年を形どった星座で、瓶はオプションのようですね。

ちなみに『水瓶座』を英語でいうと『アクエリアス』です。

 

水瓶座のざっくり神話

オリンポス(神々の住まう山)のお酌係の美女が結婚のため引退するので、ゼウス自ら鷲(わし)の姿になり後任を探しに行きました。(自分好みの者を連れ去る為)

羊の番をしていた、とんでもなく美しい少年・ガニメデを見つけたゼウスは鷲の姿のまま問答無用でお持ち帰り。

しかし美少年・ガニメデはちょうど持っていた水瓶を手から落とすことなくそのまま持っていったそう。

瓶はオリンポスに着いてからお酌用のものを持たされた、という説もあります。

 

そして、いきなり連れ去られて不安だったり、親も息子がいなくなって心配したり、…というのは上手いこと解決され(誤魔化され?w)、結果的にガニメデは大出世~

という感じです。

リアルにあったらとんでもないことですが(^^;)

 

参考

 

 

水瓶座は願いを叶えてくれる?

水瓶座は願いを叶えるのにうってつけの星座だそうです。

参考

↑分かりやすいので私みたいな初心者の方におススメです。

 

各星座のときに、それに合った行動をしていれば望む形に近づいていくもの(だと信じてます)なのですけど、

【願いを叶える=努力だけでは限界があるところに到達する】

という感じで、

単に“目標に向かって一人で頑張る”だけでは足りないとき

に背中を押してくれる星座みたいですね。

 

では水瓶座の時期に願いを叶える、もしくは叶えていくための行動を始めるにはどんなことを意識したらいいか。

 

ここからは私の印象による解釈になるので流し読んでください。

 

スポンサーリンク





 

「水瓶座のノリに乗って願いを叶える」のにな的解釈

いきなり訳も分からず大きな鳥に掴まれて家族と引き離された、美少年・ガニメデ

私なら激昂して「冗談じゃない!今すぐ私を元の場所に戻せ!」と叫んで、鷲の足付近の羽をぶっちぎったり噛みついたりくらいはするかもしれません。

そんなことしたらきっと罰をくらうわ(´゚д゚`)

 

しかしガニメデはパニックになりながらも冷静に考えられる子だったのでしょうね。

とっさに水瓶を放さず持っていったのは、「丸腰よりは」とか、「いつかこれを目印に家族と再会できるかも」とか考えてのことだったのでしょうか。

先が分からなくても、自分できちんと考えて、今できる最大限のことをしたのがとても評価できるポイントですね(←何様)

 

 

自分で冷静に考える。

今できることをする。

ベストな行動を重ねていく。

⇒すると大きな幸運の波に乗っていける。

 

…というのは分かるけど、“ベスト”を長く続けるのはちょっとしんどい。

 

でも「水瓶座の時期」はそういう意識が特に運をはこんできてくれるときなのかもしれないので、踏ん張り時ですね!

転職とか、卒業前に想い人にアプローチするとか!ここぞというときの味方!

受験シーズンだし!

受験も日頃の努力に加えて運要素の集大成が結果となるものですから(^^)

 

 

「水瓶座パワーで幸せを掴むコツ」になver.

水瓶といえば、タロットカードの『節制』の絵柄を思い出します。

双子のように同じ二つの瓶で、水を行き来させている絵。

目で見て“同じ”と分かるような公平さを求めて調整しているイメージです。

“公平”といえば、「天秤座」もそういう星座なのですが、「天秤座」はもっと【人間の感情】を加味する星座だと思っています。

 

その点、水瓶座は個人の感情はいったん置いておいて、機械的に、数字的につりあっているかどうか。

「誰が見ても同じ量だね」って言えるような調節です。

 

また、人から人へ、お礼の気持ちが廻っていくようにも見えます。

その量はきっと、してくれた相手の都合に合わせるのではなく、してもらった側の純粋な感謝の分量

 

 

『機械的なんてダメ、もっと人それぞれの境遇とかを考えなきゃ!』

と思う方もいらっしゃると思います。

基本はそうやって人間関係を築いていくものだと思いますが、

ときには機械的に、無慈悲に、マニュアル通りにしなくてはならない時もあります。

みんなそれぞれの願いをいっぺんに叶えることはできないのです。

 

ならば優先されやすいのはどんな人?

 

瓶をぞんざいに扱ってヒビだらけ・汚れだらけにしてる人は嫌ですよね。

中の水に気を遣わず運んで、ビチャビチャこぼしてる人も嫌です。

 

水瓶をいつも綺麗にして、丁寧に扱って、中の水がこぼれないように配慮して運び、なるべく多くの水を人々に届ける人ならどうでしょう?

こういう人の願いなら叶えてあげたくなりませんか?

 

ということで、私たちもこういう人物になりましょう(*´▽`*)

=自分や、自分の住む家・部屋

瓶の中の水=自分の精神とか信念とか夢とか

水をこぼさない配慮=自分を大事にする、危機予測してトラブルを避ける

多くの水を届ける=自分にできることで一人でも笑顔にする

…のように考えてみてください。

 

 

それから、中の水の水面にも注目してみましょう。

水面に映る景色が現実化していくのだと考えます。

 

今、心を落ち着けて、自分の心の水面を見てみましょう。

 

あなたはどんな様子でしょうか?

うつむいて、悲しそうにしていませんか?

不安で泣いてしまいそうですか?

もしくは怒りで目が吊り上がっていたり、誰かに嫉妬してクサっていたりしませんか?

 

この水面に自分のどんな様子を映したいかを考えて過ごしましょう。

想像はできるだけ具体的にしてください。寝る前なんていいですね。

夢がある人ならそれに関して。

特に夢や目標が思いつかない人は、「このまま幸せに過ごしていったらこうなるかな~。うわぁ、楽しぃ~♡」という感じはどうでしょう?(^^)

 

寝る前にポジティブで幸せな妄想をして、

「自分の望む幸せな未来」を引き寄せましょう(*`・ω・´*)

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です