【モラハラする人(エネルギーバンパイア)】のやり口と対処法







こんにちは、会社を辞めたらキラキラしてきたと言われたにな@ninamedi_です。

今回はモラハラのお話。

特に、退職させたいとかではなく単に爽快だからモラハラをする人のこと。

この記事ではそういう、自分が元気になることを目的にモラハラする人のことをエネルギーバンパイアと呼んでいきます。

エネルギーバンパイアとは

いつも他人の気を引こうとする人。

一緒にいてとても疲れる=エネルギーを奪わる=エネルギーバンパイア。

特徴は他にもたくさんあります。

 

エネルギーバンパイアは いたる所にいます

 

いじめる

「今のため息、私に向かって吐いた?」

「なんか大きい音立ててるけど…気にし過ぎ?」

のように、『いじめと断定するには早いかな?』という気遣いを利用していじめ抜くのがエネルギーバンパイアのやり口です。

 

孤立させる

「勇気を出して話したら、悪口と捉えられた」

「『我慢ができないやつ』と思われそうで誰にも相談できない」

のように、相手を孤立させたり、孤独感を抱かせたりするのが上手いです。

 

それではもっと詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク



 

エネルギーバンパイアの具体例

 

◆やたらと大きい音を立てて引き出しやドアを閉める

◆すれ違うときによくため息を吐いたり何かをボソッとつぶやいたりする

◆コミュニケーションをとるべき場面で知らんぷりする

◆相手が話しているときに聞いてなさそうにしていたりニヤニヤ笑っていたりする

◆相手からの相談に対して人格否定で返す

◆問題が起きた際いつも真っ先に特定の人を疑う

◆相手も見ているSNSで名前を出さずに非難する

 

エネルギーバンパイアの特徴

どうですか?

「この人ただ無神経なだけかも…」

ともとれる行動が多くないですか?

エネルギーバンパイア達はそうやって、自分の逃げ道を確保しながら相手を消耗させるのが上手いのです。

 

そして「周りに分かりにくいように嫌がらせするのサイコーに気持ちいい」

「この人が落ち込んでるのを見ると何か知らんけど元気になれる」とどんどん学習していきます。

 

そんな楽しいこと自分から止めてくれるわけがありません。

 

エネルギーバンパイアへの対処法

 

ターゲットにされてしまったら

*自分の発言や行動に自信を持つこと

*そのために勉強したり味方を作ったりすること

*姿勢を良くして、弱そうに見せないこと

*直属の上司でなくて構わないので、理解してくれそうな人(なるべくエラい人)に相談すること

*それでも効果がないなら組織に見切りを付けること

が対処法として考えられます。

 

その他にも

*自分が光に包まれているイメージをする方法

がありますが、仕事に集中しているときなどこんなこと考えていられないと思います…。

(でもイメージングが得意な人にはとても簡単で良い方法です。機会があったら記事にしようと思います)

 

 

一番の対処法は 無理に我慢しないこと

「自分がもっと気を利かせればいい」

「自分が気にしなければいい」

「自分が大人になって受け止めなければ」

そういって我慢してしまう人がたくさんいます。

もちろん、その人がそれでいいなら無理に身を守れとは言いません。

でもこんなの際限がありませんね。

 

我慢を重ねない

自分がつらいと感じている事実を捻じ曲げない。

 

自分の感覚を信じて、自分の感情に素直になるのです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です