Twitterの使い手に関して思うこと

スポンサーリンク







ツイッターで一部の人たちが

「見ず知らずの相手でも、鍵をつけてない発言は晒して叩いてOK!」

とかイキってるの見ててしんどい。

その発想がこわい

なんかね、

【○○なんだから危害を加えてもOK!】

っていう態度が不快。

嫌なら避けるのは仕方ないけど、攻撃またはそれに準ずる行為は賛同できない。

「アナタが悪く言われたワケじゃあるまいし」って感じ。

 

【○○なんだから、△△してOK!】っていう思考だと他には

「スカート履いてるんだから、下からパンツ覗き見ていいっしょ!」

「ちんたら歩いてるやつは押しのけていいっしょ!」

「しっかりしてる子だから、放置してもいいわよね~^^

とかあるけど、

「鍵アカじゃないなら晒して叩いてOK!」

も、それらと同じ感じがするの。




この記事を書いたきっかけ

つい最近 婚活のことで、私からしたら『そこまで叩くことか?』と思うことに関して楽しそうに叩いている人がいて、

(無関係な人がわざわざ火をおこして楽しむとか、コワ……)

(ツイッター、情報が回りすぎてコワ……)

と痛感した次第です。

 

少し具体的に書くと

婚活アカウントの人が言ってることをフォロワーに晒す&馬鹿にするために、対象のアイコンも名前もIDも見える画像を載せてツイートしてる人を見て、(うわぁ……)って思った。

 

晒してた人はある界隈では有名な人で、フォロワーがたくさんいて、そのフォロワーも

「こういう人はどうせ結婚できないから大丈夫です!(笑)」

「ワロスw 婚活こわすぎw」

「人を試すなんて最低~」※“試した”とは読み取れなかったけど

「察してちゃん乙」※“察してほしかった”じゃなくて“合わないと感じた”って書き方だったけど

(以上、うろ覚え。でも雰囲気は合ってるはず)

……とまぁこんなことをたくさんリプしてて戦慄した。私は婚活って合理的で良いと思うので余計に。

晒し主含め、文章からして 婚活したことなし・婚活でろくに相手にされず脱落・婚活についてちゃんと調べたことなし って印象だった。

 

せめてアイコン・名前・IDが見えないように載せるとか、引用RTならね。

特に引用RTは、自分の方でツイートを消せばいいから。

でも画像で載せられると、その画像を投稿した人が消さないとどうにもならないからタチが悪い。

「魚拓」とか「デジタルタトュー」とか流行ってるよね。

個人的には証拠として役に立つから好き。

でも、世の中に迷惑かけてる人(詐欺行為をしている人や多くの人が不快になる発信をしている人 等)を抑制するために最後の手段としてそうするならまだしも、

自分が気持ち良くなるために安易に「やっちゃえーw」は、やりすぎだと思う。




 

そして私のこと

対象に直接リプするならいいと思うんです。ただし言葉に気を付けて。

実際、対象のホーム画面を見に行ったら(普通の口調で)リプしてる人がいました。対象も丁寧に答えてました。質問箱だったかも。

でも対象の知らないところで(ちょっと辿れば知るところになるけど)、品の無い言葉で罵ってるのを見て残念な気持ちになった。

 

私はそういうの割り切れるタイプじゃないんで、同じ世界にはいない方がいいなと判断しました。

ツイッターは見ることをメインにして、触れる時間もツイートも減らそうと思います。

 

こういうの逆手に取ったのが炎上商法ですね。

炎上してもかまわない人ならやればいいと思います。

でも私は炎上したいと思う人間ではないので、今度からネットでいろいろ見て自分も物申したくなったらブログに書くことにします。

せっかくお金かけてブログ運営してるし。

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です